一番の健康法、行きつく先は〝食生活〟

飲食

数ある健康法の中で、一番良い方法を尋ねると、様々な答えが返ってきます。
運動系だと「太極拳・ヨガ・ウォーキング・ジョギング」
飲食系だと「白湯・サプリメント・緑茶」
など数え上げると、きりがありません、

その反面「あれは効かない、効果が無い」など反対意見も飛び出す事もあります。
確かに効果は人それぞれで、混乱する事がたくさんあります。

一番良いのは、自分のライフスタイルに合った方法が、ストレスも少なく長続きする事が出来ると思います、しかし、その全ては、サブ的効果にすぎません。

最終的に行きつく先は〝食生活〟です。

腸内環境を整えて、体の中から健康になることが、結果的に一番良いと感じるはずです。
では、どうすれば腸内環境よく出来るのでしょうか?

もうお解りの方は、「ヨーグルトを摂取してビフィズス菌を増やせば良い」と答えると思います。
そのビフィズス菌には、腸の(消化・吸収)などの、機能をスムーズに行う整腸(セイチョウ)作用から、さまざまな効果が有るとされています。

我々の腸内には、母親の母乳から与えられたビフィズス菌で、善玉菌を見極める腸内細菌を作り出し 腸内環境を整えているビフィズス菌が必要なのです。

そのビフィズス菌は外から摂取した場合、胃酸に弱くその大半が消化され、死滅してしまいます、さらに腸に届いたとしても、腸内にとどまる事が出来ず、1週間ほどで体外に排出されます、その為、続けて摂取する必要が有るのです。

そのビフィズス菌を摂取する方法として、ヨーグルトが有りますが、すべてのヨーグルトにビフィズス菌が入っているかと言えば、そうではありません、

ヨーグルトは乳酸菌を発酵させてビフィズス菌などを加えて作られています。
もしヨーグルトを購入するので有れば、ビフィズス菌が入っていることを確認してください。

では、ヨーグルト以外に善玉菌を増やす方法と言うと何が有るのでしょうか!
それは、善玉菌のエサとなる食材を摂取して、我々の腸内に住む細菌を繁殖させる事です。

その食材と言うのが、〝ごぼう・タマネギ・ニンニク〟などです。
この食材には、オリゴ糖が多く含まれている上に、
胃や腸で消化されにくい性質を持っているフラクトオリゴ糖も含まれています。
その為、大腸まで届き、ビフィズス菌などのエサとなり善玉菌を増やす効果が期待できるのです。

さらに、味噌や醤油などにもオリゴ糖の一種〝イソマルトオリゴ糖〟が含まれているので、ゴボウやタマネギを使ったお味噌汁を飲むのも効果的です。

最後にヨーグルトを摂取する場合、胃酸が薄まる食事の後に摂取したほうが大腸に届く可能性が高いと思います。

以上で≪一番の健康法、行きつく先は〝食生活〟≫でした。

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コラム
【人体と牛乳】牛乳が体に悪いって本当⁉

「牛乳はもーいらない!!」 【始めに】この記事では 牛乳有害説 を 否定も肯定 していません! あく …

飲食
【人体と水】 運動 と 水分補給 に 適した飲み物 について

笑って元気に100歳を迎える為には、健康であることが一番です。 〝一世紀〟100年を生き抜ぬく元気の …